ホーム > お知らせ&トピックス > お知らせ&トピックス詳細

元プロサッカー選手を講師にお招きしました!

2017/12/04

11月24日と12月1日、法人しただでは
職員間の連携を深めるために
コミュニケーション研修を行いました。

タイトルにもありますが、講師にお招きしたのは
なんと元プロサッカー選手です!


しかも、ただのプロサッカー選手ではありません。


新潟といえば、アルビレックス!

といわけで、以前アルビレックスで活躍していた
梅山修さんを講師にお招きしまた~~♪


(画像出典:北海道ニュース&タイムリー)

梅山さんは、サッカー選手して活躍しただけでなく
2007年には新潟市議会議員の当選も果たしてします。

現在はリーフラス株式会社で
子供達を中心にスポーツを指導されたり
今回のように外部の講師活動をされたりしています。

さらには、2018年から
十勝FCの監督として活躍されるとのことで。。。

まぁまさに文武両道の
ハイスペック男子といわけですね!
(うらやましい限りですッボソ)

そんな、ハイスペックな講師から
講義の中で最初に教えて頂いたのが
「コンセンスゲーム」というものでした。


(画像出典:株式会社ハートクエイク)

コンセンスゲームを超簡単に説明するとこうゆうことです。
(ゲームには数名の参加が必要です)

【設定】
あなた方の乗った飛行機が砂漠の真ん中に墜落してしまいます。
(近くにの街までは100キロほど離れている)
しかし、あなた方は奇跡的に助かることができました。
しかも、逃げる際に身の回りにあった
12の品物を持ち持ち出すことに成功します。

その12の品物がこちらです。

【品物】

  • 食塩(1000錠)
  • 懐中電灯(電池入り)
  • 赤と白のパラシュート
  • 磁石の羅針盤
  • 約2Lのウォッカ
  • 大きなビニールの雨具
  • 1Lの水
  • 化粧用の鏡
  • 一人一着の軽装のコート
  • 「食用に適する砂漠の動物」という本
  • 弾薬が装填されている45口径のピストル
  • この地域の航空写真の地図

【ゲームの手順】
コンセンスゲームの本番はここからにります。
この12の品物に優先順位をつけていきます。
まずは、誰とも相談せずに一人でやってみます。

次に皆と相談して
もう一度順位をつけてみます。


それができたら
「自分の解答」と「皆で出した解答」を
それぞれ採点します。

模範解答と
採点方法はこちらのサイトを
参考にしてみてだくさい。
Akio's Log  コンセンサスゲーム(砂漠で遭難したら?)解答編



さて、いかがだったでしょうか?

サイトの方にもチラッと書いてありましたが
この実験(ゲーム)からわかることがあります。

それは。。。
『一人の意見より、皆で合意した意見の方が
より正確で良いものになりやすい』

というものです。

実験を試された方ならわかると思いますが
たいていの場合、自分の一人の成績よりも
皆で相談して得た答えの方が
より良い結果になっているはずです。

やはり、相談する、意見は交わす、話し合いをする
というのは、とても重要で
大切なことだというわけですね。

梅山さんから教えてもらったこのゲームのおかげで
とても大切なことを再認識することができました。
ゲームを通じて、楽しみながら学べるというのは
とても素晴らしいことですよね(^^)


次に教えて頂いたのが
コミュニケーションの原則です。



正確にコミュニケーションをとり
互いにコンセンス(合意)をし合えば
おのずと良い方向進んでいくと言うわけです☆


最後はグループで話し合いをしました。

議題は
コミュニケーションとは?
コミュニケーションをよくするためにできることは?
そして、それができたら私達はどうなるか?
などです。








話し合いが終わったら
グループごとに発表です。



その中でこんな結論を出した
グループがありました。


コミュニケーションが円滑できたら
私達は。。。。

「ハッピーになる!」と。


たしかに、コミュニケーションが
うまくいけば、仕事だってスムーズに進みます。
ストレスも減ります。
人間関係も良好になります。


結果、ハッピーになるといわけです(笑)


コミュニケーションを侮ることはできませんね!

だって、人生の幸福度まで左右するのですから(^_^;)


今回の研修は
コミュニケーションのスキルのみならず
その重要性も認識することができました。

梅山さん、このたびは本当に
ありがとうございましたm(__)m



担当:長谷川雄太

社会福祉法人 しただ 〒955-0131 新潟県三条市庭月630番地4