ホーム > お知らせ&トピックス > お知らせ&トピックス詳細

いっぷくの社内研修

2016/11/10

粟ヶ岳が白化粧をして
季節の変わり目を予感させる今日この頃ですが。。。

いっぷくでは、毎年この時期になると
ある研修会を行っております。

それがこちらの研修会です。



はい、というわけで
画像がちょっと悪いですが
インフルエンザの研修会です。


一般的にインフルエンザの流行時期は
12月~3月とされています。

なので、この時期に入る前に
研修会を開く必要があるのです。


研修会の大まかな流れは
だいたい毎年同じです(笑)


まずは、インフルエンザというものについて
座学で学習します。






それから、ご利用者がインフルエンザを
発症してしまった時の対応方法について
実技を交えながら、学んでいきます。


必要物品を確認して。。。






それから、実演です。



物品の使い方、使うタイミング、ガウンの装着、脱着などについてですね。
(いっぷくでは、ご利用者が
インフルエンザにかかってしまった場合
上のような恰好で介護にあたっています。)




これを毎年、毎年、繰り返し行います。

どれほどベテランになっても
毎年、必ずです。


この繰り返しがあるからこそ、いざという時でも
戸惑うことなく、落ち着いて対応できるようになります。


この冬も、職員一同協力して
インフルエンザの予防、蔓延防止に
努めていく所存です。


担当:長谷川雄太

社会福祉法人 しただ 〒955-0131 新潟県三条市庭月630番地4